宮崎県の現状

飲酒の程度

本県の飲酒の程度は「飲まない(飲めない)」が 33.4% で一番多く、次に「毎日飲む」で 19.5% であった。全国と比較すると「毎日飲む」「週5~6日」「ほとんど飲まない」が全国値より高かった。

生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合

本県の生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している人の割合は、目標値に達していません。

※ 生活習慣病のリスクを高める量…

  一日当たりの純アルコール摂取量が男性40g以上、女性20g以上

<現状と目標値>

宮崎県の目標

20歳(はたち)まで、
飲めない、飲まない、飲ませない!
守ろう飲酒の3原則
  ・適量は純アルコール20g(焼酎20度を6:4でコップ一杯
   又はビール中瓶1本)まで
  ・週に2日は休肝日
  ・しない、させない、イッキ飲み

お酒と健康障害

アルコールの影響は肝臓だけではありません。
アルコールは主に小腸から吸収されたのち血液中に入り、全身に染みわたります。アルコールの影響は全身に及びさまざまな健康障害をもたらします。

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

飲まないと眠れない?

「寝酒」も大きな問題です。「寝酒」は寝つきをよくしますが、深い睡眠が得られず眠りの質が悪くなります。どうしても眠りが悪いのであれば、寝酒よりも適切に睡眠薬を使う方がはるかに健康的です。
かかりつけ医やメンタルクリニックにご相談ください。
出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

からだにやさしいお酒の付き合い方

 ○ お酒は適量の範囲でゆっくりと 
お酒の適量は純アルコールで20gです。
女性や高齢者はこの量の半分程度にとどめてください。

 ○ 週に2日は休肝日をつくりましょう 
休肝日とは「お酒類をまったく飲まず、肝臓を休める日のこと」です。
お酒を飲むと肝臓には中性脂肪が蓄積されます。また、胃や腸などの消化管の粘膜も荒れてきています。

 ○ おすすめのお酒のつまみ 
胃が空の状態だと、アルコールを急激に吸収します。
アルコール分解、代謝にはタンパク質やビタミン・ミネラルが必要です。

簡単!ヘルシーおつまみレシピ

ライフステージ別健康づくり

6歳から12歳の児童期の健康づくり13歳から18歳の思春期の健康づくり19歳から39歳の青年期の健康づくり

40歳から64歳の壮年期の健康づくり65歳以上の高齢期の健康づくり