小児がんとは

小児がんは、小児がかかるさまざまながんの総称です。一般的には15歳未満にみられるがんのことです。

主な小児がんは、白血病、脳腫瘍、リンパ腫、神経芽腫、胚細胞腫瘍・性腺腫瘍などです。血液のがんである白血病やリンパ腫を除き、大人ではまれなものばかりです。


小児がんの割合

【出典】国立がん研究センター小児がん情報サービス

わが国では年間2,000~2,500人の子どもが小児がんと診断されています。子ども10,000人に約1人の割合です。

表はこどもの死亡原因を年齢別に示しています。4歳までは先天異常が死亡原因の1位ですが、それ以降は自殺を除けば、がん(悪性新生物)が死亡原因の1位です。


年齢別子どもの死亡原因

【出典】国立がん研究センター がん情報サービス

 

AYA世代のがんとは

AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、主に、思春期(15歳~)から30歳代までの世代を指しています。AYA世代は、多くの人にとって親から自立したり、生活の中心が家庭や学校から社会での活動に移行したりしていくなど、大きな転換期を迎える時期でもあります。

小児AYA世代(039歳)のがん 年齢階級別罹患率

* 脳腫瘍は良性・良悪不詳を含む

【出典】国立がん研究センターがん情報サービス
「がん登録・統計」(全国がん罹患モニタリング集計)

罹患率が高いがん種の順位 [全がんに占める割合]*
1位 2位 3位 4位 5位
0~14歳
(小児)
白血病
[38%]
脳腫瘍
[16%]
リンパ腫
[9%]
胚細胞腫瘍・性腺腫瘍
[8%]
神経芽腫
[7%]
15~19歳 白血病
[24%]
胚細胞腫瘍・性腺腫瘍
[17%]
リンパ腫
[13%]
脳腫瘍
[10%]
骨腫瘍
[9%]
20~29歳 胚細胞腫瘍・性腺腫瘍
[16%]
甲状腺がん
[12%]
白血病
[11%]
リンパ腫
[10%]
子宮頸がん
[9%]
30~39歳 女性乳がん
[22%]
子宮頸がん
[13%]
胚細胞腫瘍・性腺腫瘍
[8%]
甲状腺がん
[8%]
大腸がん
[8%]
【出典】国立がん研究センター がん情報サービス

* 国際小児がん分類(International Classification of Childhood Cancer)第3版のグループに基づく悪性腫瘍の順位(ただし「その他の癌」は部位で分類)。がん種間の比較のため、いずれのがん種も悪性の腫瘍のみ。

宮崎県の小児・AYA世代のがん罹患率

小児・AYA世代(0~39歳)男性・年齢階級別がん罹患率(上皮内がん除く)

全国がん登録2017 年齢階級別罹患率より作成

小児・AYA世代(0~39歳)女性・年齢階級別がん罹患率(上皮内がん除く)

全国がん登録2017 年齢階級別罹患率より作成

小児・AYA世代(0~39歳)総数・年齢階級別がん罹患率(上皮内がん除く)

全国がん登録2017 年齢階級別罹患率より作成