AYA世代とは、Adolescent and Young Adult(思春期・若年成人)の頭文字をとったもので、主に、思春期(15歳~)から30歳代までの世代を指しています。

AYA世代は、多くの人にとって親から自立したり、生活の中心が家庭や学校から社会での活動に移行したりしていくなど、大きな転換期を迎える時期でもあります。
【出典】国立がん研究センター がん情報サービス


  1. AYA世代のがんの特徴(国立がん研究センター がん情報サービス)
  2. 治療について考える(国立がん研究センター がん情報サービス)

AYA世代のがんの医療機関(受診)について

15~19歳 小児期のがんと同じ種類であることが多く、心身ともに発達の過程にあるため、小児科で診察を受けることが勧められています。
20歳以上 まずは成人の診療科を受診することが勧められます。ただし、がんの種類によっては、小児科の治療法の方が成人の診療科の治療法よりも効果があるという研究結果もあります。どの治療法を選択するのがよいのか、医師と相談するのがよいでしょう。
【出典】国立がん研究センター がん情報サービス

国立がん研究センターがん情報サービスサポートセンター

妊よう性について

妊よう性とは、「妊娠するための力」のことです。がんの治療では、性別やがんの種類にかかわらず、治療が生殖機能に影響することがあります。そのため性別やがんの種類にかかわらず、妊娠するための力が弱くなったり、その力を失ったりすることがあります。しかし近年では将来自分の子どもを持つ可能性を残す「妊よう性温存」が可能なこともあります。
【出典】国立がん研究センター がん情報サービス

生活・療養について

がんと診断されて、家族のこと、お金のこと、学校のこと、仕事のこと、将来のことなど不安や心配があるかもしれません。

がん相談支援センターへ相談したり、患者会などに参加し同じ経験をした方と話し、相談することは可能です。