がんとは…
私たちの体は、細胞でできています。これら細胞の核の中にある遺伝子(DNA)が細胞分裂をするときに、突然変異を起こすと変異細胞が現れます。変異細胞は、細胞分裂を促す「がん化促進因子」によって細胞のがん化を起こし、さらに、分裂・増殖して腫瘍を形成します。このようなメカニズムでできた腫瘍が「がん」です。

がんは、我が国において昭和56年から死因の第1位であり、厚生労働省の「人口動態統計」によれば、現在では年間30万人以上の国民が亡くなっています。
また、厚生労働省の推計によれば、生涯のうちにがんに罹る可能性は男性の2人に1人、女性の3人に1人とされています。
さらに、がんは加齢により発症リスクが高まりますが、今後ますます高齢化が進行することを踏まえると、その死亡者数は今後とも増加していくと推測されます。
県では、平成20年に「宮崎県がん対策推進計画」を策定し、がんの予防や早期発見を推進するとともに、県内で最善の治療や緩和ケアを提供できる体制をつくり、がんによる死亡率の減少やがん患者の生活の質(QOL)を図ることとしています。


  がんの基礎知識 (国立がん研究センターがん情報サービス)

各種がんの解説

国立がん研究センターがん対策情報センターでは、それぞれのがんについて、がんが疑われた時から治療後の生活に至るまで、その時点で必要と思われる情報が分かりやすく掲載されています。

  それぞれのがんの解説 (国立がん研究センターがん情報サービス)