がん検診で精密検査が必要と判定されました。精密検査は本当に必要ですか。

がん検診で精密検査が必要と判定されたのは、「がんの疑いを含め異常(病気)が疑われる」と判断されたということです。その原因について、より詳しい検査を行い、本当に異常があるかどうか調べる必要があります。
症状がない、健康だからといった理由で精密検査を受けないことは、がん検診で見つかるはずのがんを放置してしまうことになります。
精密検査が必要と判定されたら、必ず精密検査を受けましょう。

精密検査はどこで受けたらよいでしょうか。