宮崎県の現状

主要死因別死亡数

心疾患、脳血管疾患は県の死亡原因の第2位と4位です。
心疾患及び脳血管疾患を含む循環器疾患で全体の死亡原因の約3割を占めています。

心疾患の年齢調整死亡率(人口10万対)

本県の心疾患の年齢調整死亡率は、1990~2015年の間では男女とも低下傾向であった。また、2010~2015年は全国値より上昇している。

脳血管疾患の年齢調整死亡率(人口10万対)

本県の脳血管疾患の年齢調整死亡率は、男性は1990~1995年は増加したが、その後低下している。女性は、1990年より低下している。男女とも2005年から全国値より上昇している。

宮崎県の目標

気づかないうちに始まる動脈硬化!
  受けよう!健康診断
   見直そう!生活習慣

心疾患について

心疾患には、脈の乱れを起こす病気(不整脈)や先天性の心臓病、心筋や心膜の病気などさまざまななものがあります。その中で生活習慣が原因のものが虚血性心疾患です。
虚血性心疾患は、冠状動脈が動脈硬化のために細くなってしまい、心臓を動かしている心筋に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなることが原因です。
そのため、心筋が一時的に血液不足になって胸に痛みを引き起こしたり(狭心症)、完全に血管が詰まってしまい、胸に激烈な痛みを生じたりといった症状があります(心筋梗塞)。

狭心症

普段は無症状なのに、冠状動脈が細いため、運動やストレスがかかったときなど心筋の酸素消費量が高まったときに必要な血流が得られず、虚血性の痛みが出現するのを狭心症といいます。また動脈硬化ではなく、冠状動脈のけいれんによって起こるタイプもあります。しかし安静にしていると自然に痛みは消失し、普通は15分以上続くことはありません。

心筋梗塞

突然、冠状動脈が閉塞して激烈な痛みが30分以上続くと心筋梗塞が疑われます。これはすぐに救急搬送しないと即、命に関わる病気であり、突然死の最大の原因と考えられています。なお、心筋梗塞の発症以前に狭心症の既往歴を有している場合もありますが、いきなり心筋梗塞を発症することもあります。

脳血管疾患について

脳卒中は、脳の血管が詰まったり、破れたりして、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が死んでしまう病気です。 
脳の血管が詰まるタイプ(脳梗塞)と、脳の血管が破れるタイプ(脳出血、くも膜下出血)に大きく分けることができます。

脳卒中の分類

脳梗塞:脳の血管が詰まるタイプ

脳出血:脳の血管が破れるタイプ

脳血管疾患の危険因子

高血圧、糖尿病、脂質異常症、不整脈、喫煙
出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

高血圧について

血圧は一般的には動脈内部の圧力のことを指し、高血圧は循環器病(心疾患、脳血管疾患など)の原因となることがわかっています。

どのくらいから高血圧?

診療室(病院や健診)で測定したときは収縮期血圧が140mmHg以上又は拡張期血圧90mmHg以上です。家で測定したときは収縮期血圧が135mmHg以上又は拡張期血圧85mmHg以上であれば高血圧と診断されます。どちらかが超えていても高血圧となります。

  ○ 血圧の詳細区分(mmHg)

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

なぜ血圧が高いと注意が必要なの?

下の図は至適血圧と比べてどのくらい循環器病になりやすいかを倍率で表しています。血圧が高くなるほど循環器病になりやすいことがわかります。
   ○ 血圧と循環器病のリスク 

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

高血圧の予防

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

脂質異常症について

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)値が高い、中性脂肪値が高い、善玉コレステロール(HDLコレステロール)値が低いことをまとめて「脂質異常症」と言います。
 ○ 脂質異常症の判定基準値 

脂質異常症が注意が必要な理由

血液中にコレステロールなどの脂質が多い状態が続くと、血管の壁に余分なコレステロールが沈着し塊がつくられます。そうすると、血管の壁が分厚くなり血管が詰まりやすい状態になります。このような血管の壁の変化を動脈硬化といいます。
また、血管の壁にできたコレステロールの塊が破裂すると、血栓ができ血管を塞いでしまいます。そうなると、そこから先に血液が流れなくなり組織や臓器が壊死してしまいます。
脳の動脈が詰まれば脳梗塞、心臓の動脈が詰まれは心筋梗塞を発症します。

下の図は、LDLコレステロール140mg/dL未満の人と比べて、どのくらい心筋梗塞になりやすいかを倍率で示しています。LDLコレステロールが高くなるほど心筋梗塞になりやすいことがわかります。
 ○ LDLコレステロールと心筋梗塞のリスク 

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

脂質異常症で気をつけることは?

  ○ LDLコレステロールが高い場合 
LDLコレステロールが高い場合は、特に食事について注意が必要です。
血液中のコレステロールを下げるためには、食品から摂るコレステロール量よりも肝臓で合成されるコレステロール量の方が多いです。まずは、肝臓のコレステロール合成を促進する動物性の脂肪を多く含む食品のとり過ぎに注意しましょう。



植物性の脂肪、魚類の脂肪、オリーブオイル、青魚、緑黄色野菜、果物、海藻類、大豆製品など
※いずれもとり過ぎは注意が必要です。
 ○ 中性脂肪が高い場合 



カロリー(エネルギー)のとり過ぎに注意が必要です。
菓子類などの糖分の多い食品や清涼飲料水、アルコールなどを減らす必要があります。




 ○ HDLコレステロールが低い場合 
食事の影響はあまり受けませんが、中性脂肪値が高い場合は、中性脂肪値を下げることでHDLコレステロールを増やすことができます。
禁煙や有酸素運動でHDLコレステロールを増やすことができます。

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)
▼活用できるページ

栄養・食生活身体活動・運動たばこ

ライフステージ別健康づくり

6歳から12歳の児童期の健康づくり13歳から18歳の思春期の健康づくり19歳から39歳の青年期の健康づくり

40歳から64歳の壮年期の健康づくり65歳以上の高齢期の健康づくり