宮崎県の現状(1日平均歩数)

本県の歩数平均値は、男性は全国値より高く、女性は低くなっています。
また、どの年代も目標値より低くなっています。

宮崎県の目標

めざせプラス1,000歩!
毎日の生活の中でこまめに身体を動かす習慣を

身体活動量について

身体活動とは、安静にしている状態よりも多くのエネルギーを消費するすべての動作のことです。
この身体活動は、「運動」「生活活動」の2つに分けられ、
「運動」は、体力の維持・向上を目的とし、計画的・継続的に実施するもの、
「生活活動」は、運動以外のものをいい、職業や家事活動上のものも含みます。

生活習慣病等予防のための1日の身体活動量のめやすは以下のようになります。
身体活動量の目標

1日プラス10分について

普段から元気に体を動かすことで、糖尿病、心臓病、脳卒中、がん、足腰の痛み、うつ、認知症になるリスクを下げることができます。
例えば、今より10分多く、毎日身体を動かしてみませんか?

+10(プラステン)の効果

メタボや軽度の生活習慣病の方も、ぜひ ”+10” を。”+10” が毎日の習慣になれば内臓脂肪が燃焼して腹囲や体重が減少し、高血圧や脂質異常、高血糖も改善します。

1日40分ほど体を動かす高齢者は、10~15分ほどしか体を動かさない人に比べて、関節痛や認知症になるリスクが20%も低いことがわかっています。ポイントはじっとしている時間をなるべく減らすこと。座りっぱなし、横になりっぱなしでなく、家事や庭いじり、少しの外出などで +10 することが大切です。

出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)

ちょこっと体操

身体活動・運動に関するお役立ちリーフレット・サイト

リーフレット

[ストレッチ]

  職場編

  朝夜編


[筋力トレーニング]

  道具を使わない編

  ちびボール編

  タオル編


[その他]

  スローステップ運動

  ウォーキング手帳(ウォーキングのコツと準備体操)(平成17年3月発行)

ライフステージ別健康づくり

6歳から12歳の児童期の健康づくり13歳から18歳の思春期の健康づくり19歳から39歳の青年期の健康づくり

40歳から64歳の壮年期の健康づくり65歳以上の高齢期の健康づくり