宮崎県の現状

糖尿病判定異常者の割合

糖尿病の判定異常者(要指導、要医療)の割合は、男女とも50歳代以上で半数以上を占めている。

糖尿病の死亡率

糖尿病の年齢調整死亡率は2015年は男性は全国値より高く、女性は同じであった。都道府県順位では、男性は全国で27番目に高く、女性では17番目に高かった

BMIの平均値

【成人男性の3人に1人、女性の4人に1人は肥満です!】
成人の男女とも、全国に比べてBMIの平均値が高くなっています。 
※肥満者:BMI25以上  BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

【BMIの平均値は、成人男性 全国ワースト 3 位! 成人女性 全国ワースト 2 位!】

宮崎県の目標

予防は食事と運動から
知ろう!適正体重 実践!体重コントロール
年に一度は糖尿病チェック

糖尿病について

糖尿病とは

糖尿病は、インスリンというホルモンの作用不足により血糖値の上昇を抑える働きが低下し高血糖が慢性的に続く病気です。

血糖値の区分

血糖値の判断基準として用いられるのが、血液中のブドウ糖の量を示す「血糖値」と、赤血球のヘモグロビンが、どれくらいのブドウ糖とくっついているかを示す「HbA1c」です。
空腹時血糖値が100mg/dL以上、またはHbA1cが5.6%以上であると、糖尿病に将来なりやすいので「糖尿病予備群」です。また、空腹時血糖値が126mg/dL以上、またはHbA1cが6.5%以上の場合は糖尿病の可能性が高く、10年後に合併症を起こす危険性が高くなる数値です。詳しい診断のために、ブドウ糖液を飲んで血糖の反応をみる「負荷テスト」を行うこともあります。

糖尿病の合併症

血糖値の高い状態が続くと、全身の血管が傷み色々な合併症が出ます。
糖尿病の合併症には、大きく分けて「細い血管が傷ついておこる病気」と「太い血管が傷ついて起こる病気」があります。
細い血管の病気には、手足のしびれや感覚が鈍くなるなどの症状がみられる「糖尿病性神経障害」、腎臓の働きが悪くなる「糖尿病性腎症」、目の中の血管が傷ついて視力が落ちる「糖尿病性網膜症」があり、これらを糖尿病の「3大合併症」といいます。
太い血管の病気には、「脳卒中」や「心筋梗塞」などがあります。糖尿病の場合、「一度心筋梗塞を起こしたことがある人」と同じくらい心筋梗塞を起こしやすいというデータもあります。
ほかにも、肺炎や歯周病、皮膚炎なども起こりやすくなり、最近の研究では、がんや認知症とも関連があることがわかってきました。
出典:スマート・ライフ・プロジェクト(厚生労働省)


メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドローム(内臓脂肪型症候群)とは、内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態のことです。
内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすくなってしまいます。しかも、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない予備群でも、併発することで、動脈硬化が急速に進行します。

    参照:厚生労働省 基礎知識編 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を知ろう

◆判断基準はこちら
  生活習慣病を知ろう!定期的に振り返る「肥満・メタボリックシンドローム」

メタボリックシンドロームは、なぜ注意するの?

内臓脂肪がたまると、脂肪細胞から糖尿病や高血圧症、脂質異常症を引き起こす悪い物質が多く分泌されます。そのため、内臓脂肪型肥満の人の多くは血糖値、血圧、中性脂肪、コレステロール値に異常が出やすくなるのです。
これらの危険因子が多ければ多いほど動脈硬化が進行しやすく脳卒中や心疾患、糖尿病などの疾患を引き起こしやすくなります。

自分の適正体重を知って、自分の体重管理から始めましょう!

朝起きた時、入浴のあと、眠る前など、毎日同じ時間に体重をはかって記録すると、体重を意識するきっかけになります。体重は毎日変化があるので、まずは1週間、時間を決めてはかってみませんか?

BMI(肥満度)判定について

BMI(Body Mass Index)は、身長と体重で算出される体格指数であり、肥満度を測るための国際的な指標です。 日本肥満学会が決めた判定基準では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI22を標準とし、25以上を肥満として、肥満度を4つの段階に分けています。 BMI は次のような式で求められます。
BMI = あなたの体重(kg) / (身長(m) × 身長(m))

下の窓に身長(cm)を入れ(例:167.8)、次に現在の体重(kg)を入れて(例:56.7)、「計算!」ボタンを押してください。
「BMI」を計算します。

身長  [cm] 体重  [kg] BMI 
なお、あなたの理想的な体重は、標準体重 = 22 × (身長m)2で求められます。

■肥満度の判定基準(日本肥満学会2000)

BMI 肥満度
18.5未満 低体重(やせ)
18.5~25未満 普通体重
25~30未満 肥満1度
30~35未満 肥満2度
35~40未満 肥満3度
40以上 肥満4度

高血糖の予防法

体重の減量(肥満の場合)

肥満の場合は、減量が大切です。内臓脂肪が多くなると、インスリンの働きが悪くなり、血糖値が上がります。

食事編

食事の摂りすぎも血糖値が上がりやすい要因です。自分の体格や毎日の活動量に必要なエネルギー量に合わせて、栄養バランスのとれた食事をとることがとても重要です。
野菜から食べる「食べる順番」を変えるだけで、食後の血糖値の上昇を緩やかにすることができます。下の図は、糖尿病患者における食品の摂取順序の違いによる血糖値の変動です。
食べる順番を「野菜→主菜(タンパク質)→主食(炭水化物)」の順に摂取すると血糖値の上昇を抑えられたという結果が出ています。

運動編

定期的な運動は、血液中の血糖を消費するだけでなく、内臓脂肪を減らします。なかでもウォーキングなどの有酸素運動は、内臓脂肪を減らして、インスリンの働きを高める効果があります。

また、人間のエネルギー消費量の割合を見ると、日常生活でのこまめな動きが大きな割合を占めています。運動する時間がなかったり、苦手な人はこまめに動くことを心がけましょう。

禁煙

喫煙者は糖尿病にかかりやすいといわれています。喫煙によって交感神経の働きが高くなり血糖値が上がるうえに、インスリンの効きが悪くなるためなど考えられています。また、喫煙者が糖尿病にかかると、非喫煙者と比べて脳梗塞や心筋梗塞で命をおとすリスクが約1.5~3倍も高くなります。
▼活用できるページ

栄養・食生活身体活動・運動たばこ

ライフステージ別健康づくり

6歳から12歳の児童期の健康づくり13歳から18歳の思春期の健康づくり19歳から39歳の青年期の健康づくり

40歳から64歳の壮年期の健康づくり65歳以上の高齢期の健康づくり