宮崎県がん検診受診率向上プロジェクトのオフィシャルサイト

protect

がんを防ぐためには、まず一次予防として、食生活や生活習慣の改善などでがんにかからないようにすることが重要です。
そして二次予防として、がんを早期発見し、適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させることが重要です。そのためには定期的ながん検診が重要です。

がんの予防方法

 一次予防

喫煙 たばこは吸わない。他人のたばこの煙をできるだけ避ける。
飲酒 飲むなら、節度のある飲酒をする。
食事 食事は偏らずバランスよくとる。
※塩蔵食品、食塩の摂取は最小限にする。
※野菜や果物不足にならない。
※飲食物を熱い状態でとらない。
身体活動 日常生活を活動的に過ごす。
体形 成人期での体重を適正な範囲に維持する(太りすぎない・やせすぎない)。
感染 肝炎ウィルス感染の有無を知り、感染している場合はその治療の措置をとる。

出典:独立行政法人 国立がん研究センター がん対策情報センター がん情報サービス

 二次予防

がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことでがんによる死亡を減少させることです。そのためにも定期的に「がん検診」を受けましょう。

がん検診でがんを早期に発見し、早期に治療しましょう!
がんを防ぐためには、生活習慣の改善と早期発見が重要です。がんを早期発見できれば、治療によりこれまでと同じ生活を送ることができます。

  限局:原発臓器に限局している

  領域:所属リンパ節転移(原発臓器の所属リンパ節への転移を伴うが、隣接臓器への浸潤なし)

      または隣接臓器浸潤(隣接する臓器に直接浸潤しているが、遠隔転移なし)

  遠隔転移:遠隔臓器、遠隔リンパ節などに転移・浸潤あり

 

5年相対生存率とは

がんと診断された場合に、治療でどのくらい生命を救えるかを示す指標をいいます。がんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体で 5年後に生存している人の割合に比べてどのくらい低いかで表します。 100%に近いほど治療で生命を救えるがん、0%に近いほど治療で生命を救い難いがんであることを意味します。