宮崎県民の健やかな生活づくりを応援します 宮崎県健康づくり推進センター

  • 文字サイズ
  • 背景色変更

宮崎県の現状
miyazaki

令和4年1月7日更新

人口

宮崎県の令和3年10月1日現在の推計人口は、1,061,016人で前年より8,560人減少しています。令和2年国勢調査の人口は、全国35位となっています。

出生

合計特殊出生率

合計特殊出生率:15歳から49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもので一人の女性が、その年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数

都道府県別 ランキング

本県の合計特殊出生率は、2019年では 1.73 で全国値より高く全国2位となっています。

合計特殊出生率 ランキング 都道府県別

年次推移:1980年~2019年(宮崎県と全国)

合計特殊出生率の推移は、全国・宮崎県ともに緩やかに低下していますが2005年以降増加傾向で推移しています。

合計特殊出生率年次推移

市町村別 ランキング(ベイズ推定値※)

※ベイズ推定 ... 出生数や死亡数が少ない地域間のデータの不安定性を緩和して、安定的な 推定を行うことを可能にした算出法。

市町村別 ランキング(ベイズ推定値※)

「人口動態保健所・市区町村別統計」は、「人口動態統計」を基に5年分(国勢調査の年を中心に5年)のデータを集計したもので、「昭和58年~昭和62年」を初回とし、「平成25年~平成29年」で7回目となります。市区町村別の合計特殊出生率と標準化死亡比を算出しています。

死亡

粗死亡率と年齢調整死亡率(次回更新は2020年データを更新予定)

粗死亡率

粗死亡率 ... 一定期間の死亡数をその期間の人口で割った死亡率

(出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』)

本県の2015年の粗死亡率は 12.3 で、1990年から全国値より高い推移で上昇している。

粗死亡率と年齢調整死亡率(次回更新は2020年データを更新予定)

年齢調整死亡率

年齢調整死亡率 ... 年齢構成が異なる集団の間で死亡率を比較する場合や、同じ集団で死亡率の年次推移を見る場合に用いられます。集団全体の死亡率を基準となる集団の年齢構成(基準人口)に合わせた形で求められます。

(出典:国立がん研究センターがん情報サービス『がん登録・統計』)

本県の年齢調整死亡率は男女とも1990年から低下しており、2015年は男女とも全国値より高かった。粗死亡率が上昇しているのに対し、年齢調整死亡率が低下しているのは高齢化の影響である。

年齢調整死亡率年次推移(人口10万対)

都道府県別 ランキング(H27 年齢調整死亡率)

平成27年の年齢調整死亡率を都道府県別にみると、本県の男性は全国で16番目に高く、女性は全国で19番目に高かった。

都道府県別 ランキング(H27 年齢調整死亡率)

★年齢調整死亡率(人口10万対)

主要死因別死亡割合

本県の死亡原因の第1位は「悪性新生物」、第2位は「心疾患」、第3位は「脳血管疾患」となっています。

主要死因別死亡割合

★男女別年齢階級別主要死因別死亡数・率(人口10万対)・死亡割合

主要死因別年齢調整死亡率(人口10万対)

悪性新生物

本県の悪性新生物の年齢調整死亡率は、1990~2015年の間では男女とも全国値より低く、1995年から低下傾向となっている。

年齢調整死亡率(人口10万対)【悪性新生物】

心疾患

本県の心疾患の年齢調整死亡率は、1990~2015年の間では男女とも低下傾向であった。また、2010年~2015年は全国値より上昇している。

年齢調整死亡率(人口10万対)【心疾患】

脳血管疾患

本県の脳血管疾患の年齢調整死亡率は、男性は1990~1995年は増加したが、その後低下している。女性は1990年より低下している。男女とも2005年から全国値より上昇している。

年齢調整死亡率(人口10万対)【脳血管疾患】

肺炎

本県の肺炎の年齢調整死亡率は、2005年より男女とも低下傾向だが、2015年は男女とも全国値より上昇している。

年齢調整死亡率(人口10万対)【肺炎】

肝疾患

本県の肝疾患の年齢調整死亡率は、1990年より男女とも低下傾向で、2015年は全国値よりより低下している。

年齢調整死亡率(人口10万対)【肝疾患】

糖尿病

本県の糖尿病の年齢調整死亡率は、2015年は男性は全国値よりやや上昇しており、女性は同じであった。

年齢調整死亡率(人口10万対)【糖尿病】

腎不全

本県の腎不全の年齢調整死亡率は、男女とも2005年より低下している。男性は1990年より全国値より高い値で推移している。

年齢調整死亡率(人口10万対)【腎不全】

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)年次ランキング

※画像をクリックすると拡大表示されます。

悪性新生物 (平成27年)

全国 男 165.3/宮崎 男 165.1(20位) 全国 女 87.7/宮崎 女 86.1(23位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【悪性新生物】

心疾患 (平成27年)

全国 男 65.4/宮崎 男 71.0(11位) 全国 女 34.2/宮崎 女 37.5(13位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【心疾患】

脳血管疾患 (平成27年)

全国 男 37.8/宮崎 男 42.2(14位) 全国 女 21.0/宮崎 女 26.3(8位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【脳血管疾患】

肺炎 (平成27年)

全国 男 38.3/宮崎 男 40.6(17位) 全国 女 15.8/宮崎 女 18.1(11位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【肺炎】

肝疾患 (平成27年)

全国 男 9.8/宮崎 男 9.4(20位) 全国 女 3.5/宮崎 女 3.3(24位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【肝疾患】

糖尿病 (平成27年)

全国 男 5.5/宮崎 男 5.6(27位) 全国 女 2.5/宮崎 女 2.5(17位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【糖尿病】

腎不全 (平成27年)

全国 男 7.3/宮崎 男 8.0(17位) 全国 女 4.0/宮崎 女 3.9(30位)

主要死因別都道府県別年齢調整死亡率(人口10万対)【腎不全】

※ 上記のランキングは、以下のPDFファイルでダウンロードできます。

主要死因別 標準化死亡比

標準化死亡比 ... 人口構成の違いを除去して死亡率を比較するための指標。

健康寿命

TOP